Q&A

工事中の現場を見学することはいつでも可能です。
住まいの骨格である構造体は、完成に近づくほど隠れてしまいます。
完成した家を見てイメージをつかむことも大事ですが、完成してからでは見えなくなってしまう基礎、柱・梁などの骨組みや、仕様材料、施工品質を確認することはとても大切な事です。
もちろん小さな工事からリノベーションも得意としております。ただキレイにするリフォームではなく、現在の問題点から使いやすく居心地の良い空間づくりをご提案させていただきます。工事費用に関しても、工事全般を執り行っていますので、店舗工事に関しても、多数の実績があります。
基本的には建築基準法に順じております。構造材、内装材、養生材に至るまで対応をすべきと考えております。もしアレルギーをお持ちであれば、ご事前にお伺いし、生活する上で最適な生活環境をカーサコンセプトは考えてまいります。
カーサコンセプトで標準採用しているSE構法は、日本の木構造でも最先端の技術であり、東日本大震災でも被害がゼロの構造躯体です。高層ビルと同様の構造解析を実施していることで高い耐震性の裏付けとなっています。耐震性能等級においても「最高等級である等級3」の性能を持つ家をご提案します。
また、その他の工法で建てさせて頂く場合でも、耐震等級2以上は取得し長期優良住宅の認定を受けていただけます。
断熱と省エネ性能にとてもこだわっています。外断熱工法を使って、断熱等性能等級における最高等級4を取得しています。カーサコンセプトがお客様にプランニングを提案する際には、その家がどのくらいの断熱&省エネ性能があるのかを具体的に数値でご説明しています。また、プラン作成段階より風や太陽の光などの自然の力を活かした「パッシブデザイン」という手法を取り入れ、できるだけ設備に頼らなくても快適な空間を得られるお家をご提供いたします。
当社でつくる家は、すべて自由設計による注文住宅ですのでお勧めの仕様はございますが、 一般に標準仕様といわれるものはございません。その為、メーカーも商品もお客様のご希望のものをお選び頂けますので、自由度は高いです。 雑誌やインターネットをご覧になって、お客様自らが商品を選ばれる事もございます。ただし、当社にも家づくりで譲れないところがございますので、お客様が探されて気に入った物であっても、当社の判断基準に合わないものは、ご説明した上で仕様や商品を変えて頂くこともございます。 特に、耐震性や断熱・気密性についてはこだわっていますので、使用する構造材や断熱材・サッシなどについては、初回の段階で推奨商品と理由などにつきましてご説明させて頂きます。
家づくりを進めていく中で、「間取りがパターン化されていたり、仕様・材料・設備機器などの選択肢が少なかったり、建築士の意向に沿ったデザインに自分の意見が言いづらい」と不満に思うお客様が多いとお聞きします。 カーサコンセプトは、すべてがフルオーダーです。材料も細部にわたって、一つひとつ細かく見積もりますので途中の変更も可能です。 さらに、全国各地の工務店とネットワークを組みながら情報交換したり、首都圏で開催されます研修会などにも定期的に参加して最新の技術・デザインを学び、お客さまの要望に応えられるようセンスを磨いております。
カーサコンセプトの家はすべてがオリジナル、おなじ家はありません。人それぞれ、こだわりや好みは違うはず。自分らしいスタイルと温もり、デザイン性を持った家を お客様と向き合いながら創り上げています。
なかでも、50年から100年住み継いでいただける事を前提に、快適で安心でき、家族がみんな健康に暮らして頂けるよう素材や商品選びにこだわりを持った家をご提供させて頂きます。
家づくりにあたって、膨大な事項を一つずつご相談の上で決定する必要があります。完成した家とは一生つきあっていくわけですから、要望をどこまで聞き入れてもらえるか、相性が合うか、価値観をいかに共有できるかどうか、信頼関係をもって任せることができるかどうかがポイントになります。
カーサコンセプトでは、綿密な打ち合わせを重ねることにより、お客様とタッグを組んで、じっくり検討していくことを基調としております。デザインを重んじる設計事務所でありながら、イメージをかたちにする最初の話し合いの段階から、細かい施工の細部工程に至るまで、綿密な打ち合わせにより、お客様参加型の家づくりを実現していきます。

アクセスマップ

076-493-1233 casa0811@ctt.ne.jp
〒939-8213 富山県富山市黒瀬59-1 www.casaconcept.co.jp